Profile

村山康文
フォトジャーナリスト
1968年兵庫県生まれ。主にベトナムの社会問題をカメラとペンで追いかけ、弱者を守る立場からエイズ・戦争・人権・差別などをテーマに各地で写真展や講演会を開いている。
京都在住。

電子メールはこちらから
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
村山康文写真事務所


村山康文Offiial Web-Site
[The Messages
     From Vietnam]



村山康文写真交流クラブ

ベトナム・スタディーツアー
       ホームページ
今夏(2010年8月~9月)開催予定の第21回ベトナム・スタディーツアーの募集をはじめました。
詳しくはHPをご覧下さい。



いのちの絆著者サイン入り書籍販売ホームページ




頑張れ! 美しいお母さん
今日は名古屋に出張のため、JRに乗っている。

ほぼ私用の出張。金額の高い新幹線は避け、在来線を利用している。

京都から名古屋まで約二時間半。

最初、快速に乗っていたのだが、便意をもよおし、途中下車。用を足したあと、次に来た普通電車(鈍行)に乗り換えた。

がらがらに空いた列車の中。隣の四人がけの席にお母さんと、寒さのためか両頬を真っ赤にした四歳くらいの息子が座っている。お母さんはぐっすりと眠った小さな次男を抱いている。

お母さんは30歳くらいか。決して櫛を入れたとは思えない髪。化粧さえしていない。

お母さんの前にちょこんと座った息子は、おとなしく窓の外を眺めている。時折、列車の窓の外を指差し、お母さんに「あれは何?」と問う。

お母さんは、少し重そうに抱えた次男をたまに抱き上げ、優しく息子の問いに応える。

ほんわかとした何気無い母と子の風景だろう。

こんなに混沌とした現在だからだろうか。その何気無い風景に僕の涙は溢れた。

「頑張ってな! お母さん」と、僕は心の中で呟いた。

列車の窓の外は、いつの間にか雪景色になっていた。
[PR]
by yasumu43jp | 2010-01-17 11:36 | 最新記事
<< Staffをやってくださる方を... 阪神淡路大震災から15年 >>


【ブログランキング】
一日ワンクリック!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
CoRichブログランキング


・・・
村山康文の
mixi
Gree
Camera People
Facebook
twitter
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧