「ほっ」と。キャンペーン
Profile

村山康文
フォトジャーナリスト
1968年兵庫県生まれ。主にベトナムの社会問題をカメラとペンで追いかけ、弱者を守る立場からエイズ・戦争・人権・差別などをテーマに各地で写真展や講演会を開いている。
京都在住。

電子メールはこちらから
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
村山康文写真事務所


村山康文Offiial Web-Site
[The Messages
     From Vietnam]



村山康文写真交流クラブ

ベトナム・スタディーツアー
       ホームページ
今夏(2010年8月~9月)開催予定の第21回ベトナム・スタディーツアーの募集をはじめました。
詳しくはHPをご覧下さい。



いのちの絆著者サイン入り書籍販売ホームページ




オノ・ヨーコさんのメッセージと元内閣官房長官野中廣務氏
f0164224_21251794.jpg

f0164224_21252628.jpg
f0164224_21253539.jpg


本日、第6回世界平和博物館会議の初日に参加してきました。
元内閣官房長官野中廣務氏が基調講演をされているときの様子です。



下記はオノ・ヨーコさんからのメッセージ

-----

■第6回国際平和博物館会議によせて-イマジン・ピース
オノ・ヨーコ

世界の平和ミュージアムが、お互いに連携し、交流し合って、平和のための国際会議を日本の京都と広島で開くことは、とてもすばらしいことです。
また、世界には、平和ミュージアムと呼ばれる施設が110ほどあって、その半数以上が日本に作られていると聞いて、私は大いに勇気づけられています。

私は、昨年の10月にヨーロッパとアメリカの中間に位置するアイスランドにおいて、世界平和の実現を祈願する光の塔、「イマジン・ピース・タワー」を建造しました。これは、1960年代から亡き夫、ジョン・レノンとともに想い描いてきた私たちの平和へのビジョンを現実のものとし、世界平和の大切さを考えるきっかけになってほしいと強く思ったからです。

そして、私はこの光の塔の披露式典において、「このイマジン・ピース・タワーの光は、知恵と癒し、そして力の光です。私たちの魂が混乱や恐怖で暗闇に陥っている時でも、この光を心に抱いてください。そうすれば、あなたはひとりでなく、皆とともに平和の光を見ているのだということを知ることができるでしょう」とスピーチしました。

今は、まさに一人ひとりが平和の大切さと重要性を深く考え、互いに交流し、実行に移していく時です。その意味でも、私は皆さん方の日頃の活動とこの会議の成果は、世界の平和を願うすべての人びとにとって、大きな励みになるとともにとても意味のあることだと確信しています。

A dream you dream alone is only dream.
A dream you dream together is reality.
ひとりで見る夢はただの夢
みんなで見る夢は現実になる

2008年盛夏 ニューヨークにて
[PR]
by yasumu43jp | 2008-10-06 21:27 | 最新記事
<< 第6回国際平和博物館会議 安齋... 【緊急】2008年9月4日~8... >>


【ブログランキング】
一日ワンクリック!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
CoRichブログランキング


・・・
村山康文の
mixi
Gree
Camera People
Facebook
twitter
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧