Profile

村山康文
フォトジャーナリスト
1968年兵庫県生まれ。主にベトナムの社会問題をカメラとペンで追いかけ、弱者を守る立場からエイズ・戦争・人権・差別などをテーマに各地で写真展や講演会を開いている。
京都在住。

電子メールはこちらから
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
村山康文写真事務所


村山康文Offiial Web-Site
[The Messages
     From Vietnam]



村山康文写真交流クラブ

ベトナム・スタディーツアー
       ホームページ
今夏(2010年8月~9月)開催予定の第21回ベトナム・スタディーツアーの募集をはじめました。
詳しくはHPをご覧下さい。



いのちの絆著者サイン入り書籍販売ホームページ




カテゴリ:京都( 24 )
「地球愛祭り2010」に参加してきました
昨日の日記がタイトルも本文も「あ」だったため、「こいつついに頭がおかしくなったんじゃないか?」と思われた方も多いと思います(笑)

昨日は「地球愛祭り2010」に午後7時半ごろまで参加し、家に着いたのが、8時を回っていたうえに、その後、かなり激しい夫婦喧嘩をしていました。

しかし、今年の4月1日から毎日欠かさずつけていた日記だけはつけようと思って、とりあえず「あ」とだけ書いておいた次第です(笑)

夫婦喧嘩はさておき、「地球愛祭り2010」ですが、今年で4回目を迎えるお祭りは、初めて好天に恵まれ、最高気温29℃という真夏並みの暑さの中で行われました。


f0164224_16235449.jpg


朝9時半ごろに会場に着き、ブースの準備を始めたのですが、とにかく暑い。


f0164224_16242382.jpg


周りが建物で囲まれているため、風もろくに吹き抜けない。
ブースの設営を終わると汗だくになっていました。

f0164224_16244749.jpg


f0164224_1625519.jpg


メインステージでは、コンサートが行われ、どんどん盛り上がっていきます。
しかし、暑い(笑)

f0164224_16254169.jpg


ぼくのブースでは妻の手作りエコたわしやポストカードの販売、ミニ写真展とPCを使ったスライドショーなどで、6月の写真展の案内を行いました。

参加者のみなさんお疲れ様でした。
[PR]
by yasumu43jp | 2010-05-06 16:22 | 京都
明日のお花見の下見
明日、京都でお花見をします。
そのため、先ほど、場所の下見に行ってきました。

感想は、「そりゃー寒いのなんのって。おまけに桜ないじゃん(笑)」
って感じです。

明日の予定の場所、京都の広沢の池は自然保護区に定められており、池の反対側は、道を挟んで随分と田畑が続きます。そのため、風が吹きさらしになり、まともに寒さを感じます。

そして、昨年までは意外とあった桜の木の剪定(せんてい)が行われており、花がほとんどありませんでした。


f0164224_16154372.jpg
少し咲いていた花。


f0164224_16155118.jpg
明日の予定の場所ではありません。


f0164224_16155959.jpg
寒い春を乳児と散歩するご夫婦。


f0164224_1616768.jpg
明日の予定の場所。2組の夫婦が標準語で盛り上がっていた。
ちなみに若い夫婦の方のご主人は、僕と同じ脂肪肝で医者に「痩せなさい」と言われているそうです(笑)



しかし、明日は頑張ってお花見をします。

幸い天気には恵まれそうなので。

明日、お花見を予定されている皆さん、温かくしてお出かけくださいね。
[PR]
by yasumu43jp | 2010-04-03 16:18 | 京都
昨日と今日は、京都案内でした
f0164224_22384880.jpg

店先のビー玉(嵐山竹林手前)


昨日のお昼過ぎ、東京から友人が京都に遊びに来ていました。

約1年前、ベトナム・ホーチミン市で出会った女性。

帰国後もメールでやり取りをしていたのですが、このお花見の時期に休暇が取れたというので、来京していました。

なので、昨日から京都観光案内をしていました。

f0164224_22392436.jpg
夕日と桜(大覚寺)


4月8日
JR嵯峨嵐山駅→嵐山→渡月橋→法輪寺→竹林→清涼寺→大覚寺→大沢の池→広沢の池→自宅

すべて徒歩。


4月9日
車折駅→(京福電車で等持院駅)→立命館大学→国際平和ミュージアム→平野神社→北野天満宮→(バスで四条烏丸)→錦商店街→新京極→三条通り→鴨川→先斗町→祇園→高台寺→八坂神社→四条河原町

電車、バス以外は徒歩。


くったくたです。

普段行かない京都を歩けただけでも幸いと思うしかない2日でした(笑)。

しかし、歩きすぎですよね。。。

f0164224_22394250.jpg
漬物屋(錦商店街内)

[PR]
by yasumu43jp | 2009-04-09 22:40 | 京都
南天の実
今日も昨日に引き続きいい天気。

妻と散歩中に撮影。

写真はおそらく南天の実だと思います。

f0164224_21174988.jpg

ナンテン -Wikipedia-
[PR]
by yasumu43jp | 2009-02-15 21:18 | 京都
舞妓体験の写真!!!
ぼ、僕じゃありませんよ(笑)

f0164224_18372925.jpg

昨日、嵐山で人力車の取材中に遭遇。

人力車の記事は、近日発表!(予定)
[PR]
by yasumu43jp | 2009-02-10 18:38 | 京都
今日は京都市小学校大文字駅伝が開催されました
f0164224_1812472.jpg
子どもたちは風を切り、颯爽とゴールを目指し、たすきをつなぎました。

記事になりましたらお知らせしますね。
[PR]
by yasumu43jp | 2009-02-08 18:02 | 京都
わしゃガイドか!?(笑)
f0164224_22432671.jpg
写真は嵐山渡月橋

今日は、昼から嵐山へ出かけ、「張り」をしていた。

(張り:張り込み、被写体のいいタイミングが来るまで時間をかけて待つこと)

1時間以上、同じ場所で待った。

しかし、目的の人物は来ない。



その間に3組が、「すみませ~ん♪ 写真撮ってくれますか~?♪」。

僕もついつい「いいですよ~ん♪」。


そして、ついには若い青年が、「龍安寺ってこのバスでいいですか?」と道を尋ねる。

「それだったら、バスよりも目の前の『嵐電』で行ったほうが便利ですよ」と教える。


わしゃガイドか?


結局思う写真は撮れず、月曜日に持ち越し(泣)。

頑張ります!
[PR]
by yasumu43jp | 2009-02-07 22:43 | 京都
大爆笑おじさんに遭遇
今日は、先ほどまで嵐山へ取材に出かけていた。

渡月橋付近から竹林を抜け、落柿舎(らくししゃ)の付近まで来ると、60歳は超えたようなおじさんが、何かぶつぶつ言いながら歩いてくる。

よく聞いてみると、何やら俳句を作りながら歩いている。

「落柿舎の・・・・・・う~む。良くない」

首を傾げながら続きを作ろうとする。

「『落柿舎の・・・前を歩けば落ち柿が・・・』。これだ!」


僕はおじさんの横を、笑いを堪えながら歩き去った。

なかなか良いんじゃない?(笑)
[PR]
by yasumu43jp | 2009-02-05 21:58 | 京都
フォトニュースが掲載されました
f0164224_11143639.jpg

「芸舞妓さん 豆まきも艶やかに」
http://www.news.janjan.jp/photo-msg/0902/0902036778/1.php

壊れたカメラで撮影。
悔いが残る。
[PR]
by yasumu43jp | 2009-02-04 11:10 | 京都
カメラのバッテリーパック大破!!!
今日は最悪の一日でした。

「やっちまったな~~~!!!」

というよりも、

「やられちまったな~~~!!!」

と言う感じ。



午前中、妻の会社で大きな脚立(6段、約175cm)を借り、八坂神社と吉田神社の取材をしました。

午後1時から八坂神社で始まる豆まきの取材をするため、妻の会社の近くから市バスに乗り、八坂神社へ向かうのですが、如何せん高い脚立のため、満員の市バスの中でガンガンとぶつけてしまいます。かなりのひんしゅく。

今日は京都のあちこちで節分祭や前夜行事が行なわれるため、ほとんどの市バスが満員。

とりあえず、陣取り(絶好の撮影ポイント確保)のため、早めに八坂神社へ着き、取材申請をすると、管理の人がかなり細かく指示をする。

良くあることと思い、我慢はするものの、脚立を南門前に陣取ると、神主が出てきて、降りなさいと言う。
「脚立は使用しないでください」と。

馬鹿言うな。こちとらきっちり取材申請をしているのに、今更文句を言うか?
たくさんの素人カメラマンが来ていて、PRESS申請をしていないものは、マジで禁止という。

「怪我人が出るといけませんので」

いや、理屈はわかる。
こちらは、「記事を書くために写真を撮るんだ」と粘る。

一番腹が立ったのが、NHKや関テレ、共同通信、京都新聞などの記者にはほとんど何も言っている気がしない。
フリーの僕だけ、目の敵にしているよう。

こちらは、別に「悪を暴く」取材をしようって言うてんるんじゃない。
八坂様の伝統行事をたくさんの人に知ってもらおうと記事を書くんだ。

しかし、結局、馬鹿らしくなって神主の言うとおり、した。

f0164224_22291459.jpg
八坂神社で


次に吉田神社へ「鬼やらい」の取材に向かおうとする。
しかし、市バスは満員。

遠慮して、馬鹿高い脚立を担ぎ、吉田神社まで歩く。
八坂神社から吉田神社まで約3.5km。脚立を担いでいたため、ふらふらになりながら小一時間かかった。

吉田神社に着くと、脚立がいるような広い場所はない。点々としているため、人が混雑するような気もしないと思い、妻の会社へ脚立を返そうと思い、疲れているにも関わらず、また歩いて返しに行く。

これがまた吉田神社から2km弱。ふらふらになる。
疲れたから吉田神社の取材はやめようかと思ったが、ここまできて成果がないと悔しいので、吉田神社に戻り、撮影を決意する。

これが裏目に出た。

最悪の事態が起きる。


妻の会社で脚立をおろしたので、市バスで吉田神社に戻り、小さなトイレで用を足そうとしたとき、隣で小便器に用を足していた人が、いきなり大きな動作をし、僕の肩にかけていた一眼レフのカメラが、するすると肩を落ち、地面に落ちた。

「ぱき~ん」




「だぁぁぁあぁぁぁあああぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁっぁっぁあっぁ~~~」

思わず震え、大声を出してしまった。

隣の彼は謝ろうともしない。

どうしたんだろうと思っているとどうやら知的障害を持っているよう。


何故だか怒ることが出来なかった。

彼は知らぬふりをして、その場から消えた。

「パカ」っと割れたバッテリーパック。

f0164224_22274444.jpg
パカっ!


縦シャッターが使えない。

ねじの部分が割れ、修復不可能。


幸い、本体とレンズは問題がないよう。

ぐらぐらのバッテリーパックをしたから支え、撮影を続ける。

しかし、集中できない。

どうすることも出来ない。

夕刻、仕事終わりの妻が来てくれたので、あきらめて帰宅することにした。


もうすぐベトナム。

まだ予定している日本の取材がたくさんある。

修理に出しても時間がかかるため、メンディングテープで応急処置をし、その場をしのぐことにする。

f0164224_22281349.jpg
メンディングテープで修復


現場でぼろぼろのカメラを扱っているフォトジャーナリストを見たら、村山だと思っちゃってください(泣)

f0164224_2229421.jpg

吉田神社の青鬼
[PR]
by yasumu43jp | 2009-02-02 22:33 | 京都


【ブログランキング】
一日ワンクリック!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
CoRichブログランキング


・・・
村山康文の
mixi
Gree
Camera People
Facebook
twitter
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧