Profile

村山康文
フォトジャーナリスト
1968年兵庫県生まれ。主にベトナムの社会問題をカメラとペンで追いかけ、弱者を守る立場からエイズ・戦争・人権・差別などをテーマに各地で写真展や講演会を開いている。
京都在住。

電子メールはこちらから
村山康文写真事務所


村山康文Offiial Web-Site
[The Messages
     From Vietnam]



村山康文写真交流クラブ

ベトナム・スタディーツアー
       ホームページ
今夏(2010年8月~9月)開催予定の第21回ベトナム・スタディーツアーの募集をはじめました。
詳しくはHPをご覧下さい。



いのちの絆著者サイン入り書籍販売ホームページ




<   2008年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧
もうすぐ誕生日!
来月3日、文化の日は僕の誕生日。

ついに40歳になる。

よく生きられたなぁ~と思う反面、まだ生きているのか? と。

「男は40歳から」と言うのは妻だけだろうか。

0歳から9歳。
10歳から19歳。
20歳から29歳。
30歳から39歳。

それぞれいろんなことがあり、僕の人生はある。

死にかけたこと、死のうとしたこと、いっぱいある。

僕は、妻の言う「男は40歳から」を信じて、これからも戦い続けようと思う。

応援よろしくお願いします。
[PR]
by yasumu43jp | 2008-10-31 14:37 | 最新記事
今日の京都の写真NO.4
今日の京都の写真です。

f0164224_1772429.jpg

f0164224_1773586.jpg


f0164224_1774679.jpg

[PR]
by yasumu43jp | 2008-10-30 17:21 | 京都
映画「花はどこへいった」の監督からメールをいただきました
ベトナムの枯れ葉剤をテーマにした映画「花はどこへいったの」監督坂田雅子さんより、先だってお知らせメールをいただきましたのでご紹介いたします。

お時間のご都合がつく方は、ぜひご参加ください。

①11月5日(水)開場 18:00 開演 19:30
京都:Silver Wings(シルバーウイングス)
〒605-0064京都市東山区東大路通新橋上ル西側梅本町270 プレステージ祇園1F 
Tel: 075-204-9966 http://silverwings.limekoubou.com
チケット:前売 ¥3,500  当日 ¥4,000  (グループでご購入の方はご相談ください)
収益金の一部はべトナム枯れ葉剤被害者の会に寄付させていただきます。

②11月7日(金)18時から
/場 所:ジュンク堂書店京都BAL店8階「モーリスカフェ」
/定 員:50名様(先着順)・要予約
参加費:一般800円・ 京都シネマの前売鑑賞券(『花はどこへいった』のみ)を持参の方600円  ※いずれもお飲物付
お申込み:ジュンク堂書店京都BAL店5階カウンター(電話予約可:TEL075-253-6460)
参加特典:トークセッションにご参加の方は、映画『花はどこへいった』を通常1800円のところ1500円でご鑑賞いただけます。

③映画「花はどこへいった」は11月8日より京都シネマして上映

以上


ちなみにわたしは出演しません。
[PR]
by yasumu43jp | 2008-10-30 10:23 | 最新記事
本日は対談を聴きに行ってきました
今日は、立命館大学で行なわれたフォトジャーナリストで前岐阜大学教授の中村梧郎氏と安斎育郎立命館国際平和ミュージアム名誉教授との対談を聴きに行ってきました。

ベトナムの枯れ葉剤の影響を伝えようとする中村梧郎氏のお話を上手にサポートされた安斎育郎氏。

分かりやすく、かつ深く追求する様相はすばらしく、また、スライドを使用した梧郎氏の話は、大変勉強になりました。

一昨日の立命館大学での講義の際、幾人かの学生が声をかけてくださり、来月22日には、また僕が京都でお話をする機会が出来そうです。

その際には、講義を超えたお話が出来るよう、今から勉強しようという気にさせてくれた今日の対談でした。

詳しく日時、場所が分かれば、またお知らせします。
[PR]
by yasumu43jp | 2008-10-29 20:56 | 最新記事
まもなく出発!
本日より岐阜県中津川市での写真展と講演会のため、出張に出かけます。

いい写真が撮影できましたら、またUPしますね。

では行ってきます!
[PR]
by yasumu43jp | 2008-10-24 04:47 | 最新記事
<資料>報道の自由度 2008年度版
今年も報道の自由度が出ました。
資料としておいておきます。

-----

「報道の自由度」日本は29位に (時事通信社 - 10月22日 11:01)

 【パリ22日時事】国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)は22日、世界173の国・地域を対象とした報告書「報道の自由度ランキング」2008年版を発表した。日本は「民主主義が根付いた国」として前年の37位から29位に順位が上がり、アジアでトップだった。

 一方、中国は「北京五輪の開催年だが、胡佳氏ら反体制活動家や記者多数が投獄されている」とされ、下から7番目の167位。

 ジャーナリスト長井健司さんが昨年9月に殺害されたミャンマーは、「弾圧が続いている」ことなどを理由に170位にランク付けされた。北朝鮮は「国民が世界から隔絶した状態に置かれている」として172位。最下位の173位は、アフリカ東部の強権国家エリトリアだった。

 自由度1位にはアイスランド、ルクセンブルク、ノルウェーの欧州3カ国が並んだ。主要国ではドイツが20位、英国23位、フランス35位、米国36位。ロシアは141位に甘んじた。
[PR]
by yasumu43jp | 2008-10-22 23:59 | 資料
今日の京都の写真 第4回
本日の京都です。
f0164224_19272964.jpg

[PR]
by yasumu43jp | 2008-10-21 19:27 | 京都
「こどもらしさ」って何だろう?
昨夜、土曜の午後10時過ぎ、僕は電車に乗っていた。

僕の席の前に座った少女は、小学校低学年だろう。

疲れた顔であくびをしながらスヌーピーがプリントされたカバンから何やら問題集を出して見ている。

少女が覗き込んでいる、赤いペンとマーカーで色づけられたその問題集は、とても小学校で学ぶものに思えない。

おそらく塾帰りではないかと取れる。


土曜日の午後10時過ぎ。

小学校低学年の少女が塾から帰るため、一人で電車に乗っている。

その光景を見た僕は「ぞっ」とし、寒気を覚えた。


僕は、小学校2年の1学期まで全く学校に行かなかった登校拒否児だった。

お袋が自転車の後ろに僕を乗せ、学校まで無理やり連れて行き、先生に預けた瞬間、隙を見て逃げ出し、夕暮れまで公園の砂場で一人で遊んだ。

家に帰っても自分の部屋に閉じこもり、夕食も一人で食べるような小学校低学年時代。

そのため、掛け算の九九もみんなより覚えが遅かったし、小学校6年生まで寝小便をする「どうしようもない子」だった。

「そろばん」には通った覚えがあるが、塾なんかに行った記憶は全く無い。


今、ベトナムで取材を続けている。

ベトナムの識字率は94%だとある学者は発表する。

どこまで信じることが出来るのかわからない。

僕が出会うベトナムの子どもたちのある一部は、路上で花を売り、ガムを売り、タバコを売る。

またある一部は、組織の人間、もしくは親に命令され、人のものを盗む行為をする。


また、ある一部は、親に捨てられたか、売られたかし、施設で幼少期を過ごす。


日本ではこども時代を「塾」で過ごし、
ベトナムではこども時代を「路上や施設」で過ごす。


語弊があってはならないので言うが、これは「全て」ではない。


くたびれた小学生を見るのも嫌だし、
もちろん、働くこどもを見るのも嫌だ。


こどもは「こどもらしく」。

しかし、「こどもらしさ」って何だろう。

考えれば考えるほど、難しくて答えが出ない。
[PR]
by yasumu43jp | 2008-10-19 23:34 | 最新記事
<資料>死刑制度に不満相次ぐ=国連委の対日人権審査で
 【ジュネーブ16日時事】国連の自由権規約委員会は15、16の両日、ジュネーブの国連欧州本部で、日本の人権保護状況に関する審査会合を開いた。会合では、複数の委員から日本政府に死刑制度の廃止や刑事手続きの透明性向上を求める発言が相次いだ。月末までに公表される勧告措置を盛り込んだ同委の最終見解書では、日本に厳しい判断が下されそうだ。

 日本政府は会合で、極めて凶悪な犯罪には死刑もやむを得ないとの国内世論があることなどを踏まえ、死刑制度を存続する方針を説明。これに対し、委員の間からは「人権問題である(死刑)制度の存廃を世論調査で決めるべきではない」などと批判的な意見が続出した。
[PR]
by yasumu43jp | 2008-10-17 21:23 | 資料
母さん、死んじゃった (2ちゃんねる『「ありがとう」って言いそびれたヤツいる?』より)
みなさんはこの動画を知っているだろうか。



僕は、今から焼く2年前くらいにこの動画を見て、涙したことを覚えている。

内容はもちろん、曲にも感動を覚えた。


先日、Youtubeを見ているとき、この曲に出会った。

KOKIAが歌う「ありがとう」。

当時、曲名も歌手名も知らなかった僕は、躊躇して探すことをあきらめた。

偶然、また出会った。

これは縁以外何もないだろう。

みなさんもぜひ聞いてみてください。


KOKIA「ありがとう」



-----

ちなみに僕の父は、僕が20歳のときに自殺しました。
母は2003年に脳内出血で半身不随になりましたが、
元気にしていると思います。

長い間、会っていません。
会うことを避けています。

みなさんは、ご両親が元気なうちに「ありがとう」を伝えておいてください。


「ありがとう」

素敵な言葉ですね。
[PR]
by yasumu43jp | 2008-10-14 22:18 | 最新記事


【ブログランキング】
一日ワンクリック!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
CoRichブログランキング


・・・
村山康文の
mixi
Gree
Camera People
Facebook
twitter
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧