Profile

村山康文
フォトジャーナリスト
1968年兵庫県生まれ。主にベトナムの社会問題をカメラとペンで追いかけ、弱者を守る立場からエイズ・戦争・人権・差別などをテーマに各地で写真展や講演会を開いている。
京都在住。

電子メールはこちらから
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
村山康文写真事務所


村山康文Offiial Web-Site
[The Messages
     From Vietnam]



村山康文写真交流クラブ

ベトナム・スタディーツアー
       ホームページ
今夏(2010年8月~9月)開催予定の第21回ベトナム・スタディーツアーの募集をはじめました。
詳しくはHPをご覧下さい。



いのちの絆著者サイン入り書籍販売ホームページ




タグ:記事 ( 18 ) タグの人気記事
ベトナムにファミリーマート1号店がオープン
ベトナム南部の大都市、ホーチミン市1区のグエン・カック・ニュー通り(69 Nguyen Khac Nhu St., Dist.1, HCMC)に今年1月26日、ファミリーマート1号店がオープンした。

f0164224_224515.jpg
ベトナムのファミリーマート1号店(いずれも筆者撮影)

店の中には、お菓子やジュースなどから日本酒やバインバオ(ベトナム風肉まん)までと充実し、さらにベトナムでは珍しいおにぎりもあった。

ベトナムでの運営責任者兼総合企画を担当する下島輝久さん(36)は、「この場所は、観光地からは程遠く、在住の方たちが住まれる場所からも遠いですが、何よりも今は、ベトナムの方たちにこのお店を根付かせたいと考えています。今月末には近くに2号店の出店も予定しています」

店の近くに住み、買い物に来ていた女子学生のファン・バオ・ツゥイさん(18)は、「便利なので、毎日のように利用します。店員の笑顔がいいですね」と話した。

f0164224_22452464.jpg
ベトナムでは珍しいおにぎりが売られている

バッグパッカーがよく利用する安宿街(デタム通り)からは歩いて約10分。たまには、ホーチミン市で日本を思い出しながらおにぎりを頬張るのも乙かもしれない。

Mapはこちら
[PR]
by yasumu43jp | 2010-03-21 22:45 | ベトナム
ツイッター少女 WEB新聞JANJANに記事が掲載されました
ツイッター少女 WEB新聞JANJANに記事が掲載されました。

WEB新聞JANJAN
『「人の優しさにふれたい」 18歳の女子大生が無銭旅行で日本一周に挑戦中』
http://www.janjannews.jp/archives/2793381.html
[PR]
by yasumu43jp | 2010-03-03 11:51 | 最新記事
ベタ記事ですが・・・
ご無沙汰しています。
近頃、いろいろありまして。
申し訳ありません。

今月5日に取材したものが、本日のWEB新聞JANJANに掲載されました。
自宅近くの広沢池。
ここ毎日通っていると色んな顔が見えます。

もし近くへお越しの際は、立ち寄って見て下さい。

-----

師走の風物詩「鯉揚げ」始まる・京都市広沢池
村山康文2009/12/07

 京都市右京区嵯峨の広沢池(ひろさわのいけ)で5日、師走の風物詩「鯉(こい)揚げ」が始まった。体長40センチ以上の丸々と肥えたコイを養殖業者が、たも網で引き上げていく作業を、新鮮な魚を求める客らが見入った。

f0164224_22305151.jpg
たも網を使い、コイやフナをあげる平岡さんの息子義久さん(35歳:写真右手前)。「コイを好む方が、ご老齢になられたのでしょう。お客さんは年々減っています」と話す(12月5日午前10時ごろ。撮影はすべて筆者)


 毎年この時期に行われる広沢池の「鯉揚げ」は、周辺の農業用水として利用されていた頃から50年以上続いている。今年は4月に2000匹のコイの稚魚を放流した。鳥獣保護区である広沢池では、稚魚が野鳥などに食べられたりするため、毎年この時期には約半数にまで減るという。

f0164224_22314561.jpg

泥を吐かせモロコやエビなどを仕分けるアルバイト従業員(5日午前9時)


 8年前に広沢池での養殖業の権利を先代から譲り受けた平岡建一さん(69)=京都市下京区=が、成長していくコイの世話をひとりでしている。平岡さんは、「わたしにとっての鯉揚げは、まさに『温故知新』。この場所で鯉揚げを継続できるのは、『嵯峨の風物詩を失ってはいけない』と、わたしなりに努力しているからだよ」と笑顔で話した。

f0164224_22321642.jpg
「『鯉揚げ』が終わると寒い冬が到来を告げる」と話す平岡建一さん(4日撮影)


 広沢池では、コイ以外にもフナ、モロコやエビなどを現地で販売し、作業は今月下旬まで続く。お問い合わせは、平岡さんの携帯電話:090-5011-0608まで。


-----

WEB新聞JANJAN
師走の風物詩「鯉揚げ」始まる・京都市広沢池 村山康文 2009/12/07
http://www.news.janjan.jp/living/0912/0912054054/1.php
[PR]
by yasumu43jp | 2009-12-07 22:37 | 最新記事
WEB新聞JANJANに記事が掲載されました。「韓国がベトナムに残した癒えない爪あと」
韓国がベトナムに残した癒えない爪あと
http://www.news.janjan.jp/world/0910/0910131569/1.php

 「あの頃のことは、もう思い出したくもない」
 ベトナム中部ビンディン省フック・タン村(省道638号線沿い、国道1号線から約10キロ西に位置する)に住むヴォー・ティ・マイ・ディンさん(59)は、息子の前で静かに呟いた。

f0164224_17585143.jpg
ベトナム戦争時に韓国兵に強姦されたヴォー・ティ・マイ・ディンさん。「あの頃のことは、もう思い出したくもない」と話す(撮影すべて筆者)


 ベトナム戦争時代の大韓民国(以下、韓国)は、クーデターで政権を奪取した朴正熙氏(パク・チョンヒ:日本語読みは「ぼく・せいき」)が、第5~9代目の大統領(在任:1963年~1979年)を務めていた。

 政権の安定と国内経済の建て直しのために多くのドルを必要とした韓国。米国に従い、延べ31万人の兵士をベトナムに派兵した。1966年末には、韓国軍部隊は2つの歩兵師団(猛虎、白馬)、海兵旅団(青竜)、補給師団(南十字星)と、若干の工兵隊を含む4万5,000人が南ベトナムに進駐している。

 当時、ビンディン省から北のクアンガイ省、クアンナム省にかけての豊かな農村地帯は、南ベトナム解放民族戦線(以下、解放戦線)の支配下にあった。先遣部隊に続き、派遣された猛虎師団がビンディン省クイニョンに上陸したのが、65年の10月のこと。

 猛虎師団は上陸後、海岸線に沿った国道1号線と、中部高原プレークに至る国道19号線沿いに激しい掃討作戦を実行し、現地で解放戦線とみなした一般市民を大量虐殺する事件やベトナム人女性を強姦する事件など、数々の蛮行を起こした。

 フック・タン村に出来た韓国軍施設内(元は解放戦線の軍施設、現在はベトナム軍施設)で、15歳のときから兵士に食事を供給する仕事をしていたディンさん。20歳の頃に軍施設内で韓国兵に強姦され、ライタイハンである長男、ヴォー・スアン・ヴィンさん(36、実年齢は39[脚注1])を身籠る。

 フック・タン村に進駐していた韓国兵も73年1月27日のパリ協定(ベトナム和平協定)調印を境に撤退。「ベトナムに残されたライタイハンは、この地域だけでも4人はいます」と、ヴィンさんは言う。

f0164224_1759258.jpg「お父さんに会いたい・・・」と漏らすライタイハンのヴォー・スアン・ヴィンさん。
 

 ライタイハン――。韓国人とベトナム人女性の間に生まれた2世のこと。「ライ」は軽蔑の意味を持つ「混血」で、「タイハン」は「大韓」のベトナム語読み。ベトナム戦争は、アメラジアン(ベトナム語でライ・ミー[脚注2])をはじめとし、多くの混血を生んだ。

 ライタイハンの数は定かではないが、最小1,500人(朝日新聞・1995年5月2日)から最大3万人(釜山日報・2004年9月18日)ともいわれている。

 「小学生の頃、みんなによくいじめられました。でも、その当時は、なぜ私がいじめられるのかわかりませんでした」と話すヴィンさん。現在は、ベトナム人妻との間に15歳と12歳になる子どもを儲け、家族4人で幸せに暮している。

f0164224_180323.jpg
ヴィンさんの家族。右からヴィンさんの弟のトアンさん(21、妻子持ちのベトナム人男性との間に生まれ、長男のヴィンさんとは父親が違う。現在はヴィンさんの隣の家で母のディンさんと暮らす)。ディンさん。ライタイハンの長男ヴィンさん。ヴィンさんの娘(12)。ヴィンさんの妻のランさん(35)。ヴィンさんの息子(15)


 「2008年 ソウル・ドラマ・フェスティバル」で長編部門優秀作品賞を受賞した韓国ドラマ「黄金の新婦」[脚注3]がある。韓国に嫁いだ新ライタンハン[脚注4]のヒロインが、韓国の家族となっていく過程を描いたハートフルラブコメディだ。短編やドキュメントでは、今までにも韓国で「ライタイハン」問題が取り上げられてきたが、長編ではこの作品が初めてとなった。

 「昨年(08年)8月の入学前に韓国人のグループが、この町に来て、ライタイハンの親、子(ライタイハン)、孫の3世代一緒に、ホーチミン市のスイティン公園(遊園地)に遊びに連れて行ってくれました。そのとき、ライタイハンひとりあたり80万ドン(¥4,030)あまりを支援してくれたんです」と、ヴィンさんは嬉しそうに話す一方で、「お父さんに会いたい・・・」と母親の前で漏らした。

 戦後、ベトナム戦争を批判的に取り上げることをタブー視する雰囲気が存在していた韓国。ようやく、国民の意識が変わりつつあるようにも取れる。今後、韓国政府が国民一団となって、積極的に「ライタイハン」問題に取り組むことが、韓国のベトナムにおける戦後保障のひとつになるのではないであろうか。


<脚注>
[1] 実年齢は39:ベトナムで徴兵逃れのために年齢を偽ることは、戦時中、まま行なわれた。また、貧困などの理由で出生証明書をのちに取得することもある。
[2] アメラジアン:アメリカ人とアジア人を両親に持つ2世のこと。一説には1万5,000人から2万人、あるいは10万人とも言われる。
[3] 韓国ドラマ「黄金の新婦」:最終回で、全国視聴率30.2%を記録。(SBS放送 2007年6月23日~2008年2月3日 全64話。脚本:パク・ヒョンジュ 演出:ウン・グニル/ペク・スチャン)
[4] 新ライタイハン:ベトナムと韓国が経済交流を再開した後に出来た混血児のこと。1983年に民間レベルの交流再開。88年に貿易が始まり、政府レベルでの交流は90年。92年韓越国交正常化。おおよそ83年以降に韓国人男性とベトナム女性の間に出来た2世を指す。

【参考文献・引用文献】
・亀山旭 「ベトナム戦争 -サイゴン・ソウル・東京-」 岩波書店 1972年
・フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 「ライタイハン」、「朴正煕」
・中村梧郎 「グラフィックレポート・戦場の枯葉剤」 岩波書店1995年

[PR]
by yasumu43jp | 2009-10-13 18:02 | 記事
本日のWEB新聞JANJANに記事が掲載されました
本日のWEB新聞JANJANに記事が掲載されました。

-----

「ソンミ事件」カリー元中尉なぜいま謝罪?
「オバマ大統領の訪越と関係?」「本人が現地訪れて謝罪を」
http://www.news.janjan.jp/world/0909/0909250745/1.php

 ベトナム戦争中の1968年3月、南ベトナム(当時)の村を襲撃し、女性や子どもを含む504人を殺害した「ソンミ村大量虐殺」で、米陸軍部隊を率いたウィリアム・カリー元中尉(66)が、先月22日までにジョージア州コロンバスで、「41年の沈黙」を破り謝罪したと、米メディアが21日に伝えた。このことは、ベトナム全土でも大きく報じられた。

 カリー元中尉は事件について、「良心の呵責(かしゃく)を感じなかった日は1日たりともなかった」と述べた(フロリダ・トゥデイ 8月22日)という。なぜ今になって謝罪したのだろうか。

f0164224_1232377.jpg
ベトナムで報道されたカリー元中尉の謝罪の記事を読むチュン・ゴック・ロックさん。「裏に政治的な何かがあるのでは?」

 ベトナム・ホーチミン市在住のチュン・ゴック・ロックさん(48)は、78年から約2年間、クメール・ルージュとの戦いにベトナム軍の衛生兵として参戦した過去がある。「今回の謝罪の理由は簡単。政治的に米国は戦勝国ベトナムを味方につけたいだけでしょう」と笑顔で話した。

 「現在、米国は、独裁的ともいえる共産国家・中国の脅威を意識しています。数年前からベトナムでも報じられている南沙諸島の領有権問題では、全国紙の「トイチェ」や「タンニエン」が報じたように、中国は今、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ブルネイ沖の海域に9つのボーダー(国境線)を張り、諸島を含む海域を『わが国』だと主張しています。油田とガス田を独占しようとしているのです。近い将来、バラク・オバマ米大統領がベトナムを訪問する可能性があるかもしれませんね」

f0164224_123474.jpg
ソンミ村虐殺事件記念館で館長を務めるファム・タン・コンさん。カリー元中尉が実際に村に来て、「本当の意味の謝罪を」と願う

 ソンミ村事件の生存者のひとり、ファム・タン・コンさん(51)は、現在、ソンミ村虐殺事件記念館で館長を務める。10歳のとき、5人の家族を目の前で米兵に殺害された。「今になって謝罪したのはなぜなのか、わたしも疑問に思います。虐殺された504人の霊魂が、彼に今、謝罪させたのでしょう。ただ、誰かの命令によって、口先だけで謝ったとすれば、それは許される行動ではありません」と、心のうちを語った。

 「虐殺を逃れた人たちは今、貧乏な1人暮らしのお年寄りばかりです。わたしは『すみません』という言葉だけではなく、実際にカリー氏自身がここに来て、行動で謝罪して欲しいのです。人間は誰しも、良いことばかりではなく悪いこともします。しかし、悪いことをしたときには、すぐに謝り、行動で対処することが、人間の一番大切なことだ、とわたしは思います」

f0164224_124266.jpg
8月18日のベトナム全国紙「トイチェ」と「タンニエン」。1面に大きく南沙諸島領有権問題の記事

 カリー元中尉の謝罪の本当の理由は本人にしかわからない。ロックさんが話すようにオバマ大統領の訪越はあるのだろうか。そして、ウィリアム・カリー元中尉は生きている間にソンミ村を訪れ、コンさんの言う「本当の意味の謝罪」 は実現するのだろうか。
[PR]
by yasumu43jp | 2009-09-26 12:06 | 最新記事
本日のWeb新聞 JanJanに記事と写真が掲載されました
自分で自分のことを書くのはどうも恥ずかしい。

しかし、たくさんの人にベトナムツアーに参加して欲しいと願うため、書いた。

8月、お時間ある方は、ぜひベトナムでお会いしましょう!

-----

2009年6月6日 WEB新聞JanJan
「終わらない戦争」枯葉剤被害を追い続けて
 -ホーチミン戦争証跡博物館で写真展「ベトナム戦争の傷痕」開催
http://www.news.janjan.jp/world/0906/0906054629/1.php

f0164224_11313773.jpg

[PR]
by yasumu43jp | 2009-06-06 11:32 | 最新記事
本日発売の週刊金曜日に記事が掲載されました
本日発売の週刊金曜日(雑誌)に記事が掲載されました。

「週刊金曜日」
http://www.kinyobi.co.jp/

「京都・大美堂印刷元従業員ら 三〇〇日の社屋占拠に終止符」
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=597

 およそ三〇〇日にも及ぶ社屋占拠を続けてきた大美堂印刷社(京都市右京区、従業員五四人)の元従業員らが、社屋からの退去を決定。その報告集会が一八日、京都市内で開かれた。

 元従業員らによる社屋占拠は、昨年六月二七日、会社の倒産と従業員全員の即日解雇の通告に対し「経営側の道義的責任」と「従業員の再就職の保障」を求めたものだ。

 集会には組合員や支援者など約一二〇人が参加。元従業員Aさんは「今回の大美堂争議は勝利したといっていいでしょう。わたしたちは金銭を勝ち取ったのではありません。今日、ここに来てくださっている『みなさんとのつながり』こそが、わたしたちの勝ち取ったことだと思っています」と涙ながらに感謝の意を表した。

 大美堂労働組合は、破産管財人との粘り強い交渉の末、「社屋管理費」として一人数十万円支払われることになり、泊り込みを続けてきた元従業員ら二四人は今月末に社屋を退去する。しかし、再就職を決めたのは、そのうちの九人にとどまっている。

 高校卒業後から三八年間勤めてきた元従業員、労働組合執行委員長の奥田雅雄さん(五七歳)は、社屋退去後の気持ちを次のように話した。
「わたしたちの闘いは、これで終わったわけではありません。これからも組合員の再就職を支援します。今日の集会は、決して今までの結果報告ではなく、今回の闘いの魂が、『派遣切り』の人たちを含め、雇用問題で苦しむ全国の人たちに拡がれば、と思い開催しました」。

村山康文・フォトジャーナリスト


-----


「派遣切り」などで苦しむみなさん、頑張りましょう!
[PR]
by yasumu43jp | 2009-04-24 12:50 | 最新記事
記事掲載と東京出張のお知らせ
今週金曜日発売の「週刊金曜日」に記事が掲載されます。

「京都・大美堂印刷元従業員ら 300日の社屋占拠に終止符」という題名です。

先ほどゲラ修正を行ないましたが、写真が掲載されないのが残念です。



そして、来月11日に明治学院大学横浜校舎にて講演会を行ないます。

9日ごろから東京出張する予定でいますので、関東圏の方は、久しぶりにお会いしましょう!
[PR]
by yasumu43jp | 2009-04-20 23:18 | 最新記事
【緊急】(記事)「ホーチミン市の、ある売春婦の人生」
本日のWEB新聞JANJANに記事が掲載されました。

「ホーチミン市の、ある売春婦の人生」
http://www.news.janjan.jp/living/0904/0903300478/1.php

上記の記事のコメント欄にも書きましたが、過去に、彼女と関係を持った日本人の男性は私の知る限りで3名います。

もしも、こちらの記事を見られた場合や、友人にそのような方がいらっしゃる方は、一刻も早く、検査を行なってください。

彼女がHIVとB型肝炎に感染している恐れがあることは、今年の3月にわかったばかりです。

お願いします。
[PR]
by yasumu43jp | 2009-04-03 13:01 | 最新記事
女性の乳首が出ている写真掲載は迷った
本日のWEB新聞JanJanに記事が掲載されています。

WEB新聞JanJan「ホーチミン・ルートを自転車で縦断する女性」
http://www.news.janjan.jp/world/0903/0903250183/1.php

女性の乳首が出ている写真を掲載しています。
出すか出さないか迷ったのですが、これも真実です。
編集部が「よし」としたようなので、掲載されています。

記事がよければ、「この記事が気に入ったらクリック!」を押しておいてください。
[PR]
by yasumu43jp | 2009-03-27 15:27 | 最新記事


【ブログランキング】
一日ワンクリック!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
CoRichブログランキング


・・・
村山康文の
mixi
Gree
Camera People
Facebook
twitter
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧