Profile

村山康文
フォトジャーナリスト
1968年兵庫県生まれ。主にベトナムの社会問題をカメラとペンで追いかけ、弱者を守る立場からエイズ・戦争・人権・差別などをテーマに各地で写真展や講演会を開いている。
京都在住。

電子メールはこちらから
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
村山康文写真事務所


村山康文Offiial Web-Site
[The Messages
     From Vietnam]



村山康文写真交流クラブ

ベトナム・スタディーツアー
       ホームページ
今夏(2010年8月~9月)開催予定の第21回ベトナム・スタディーツアーの募集をはじめました。
詳しくはHPをご覧下さい。



いのちの絆著者サイン入り書籍販売ホームページ




タグ:関西 ( 9 ) タグの人気記事
ベトナム戦争が残したもの
ベトナム戦争が残したもの
ドキュメンタリー映画『花はどこへいった Agent Orange:a personal requiem』

村山 康文(OhmyNews 2008-06-19 07:00)

f0164224_22342278.jpg  「1968年にわたしは京都大学に入学しました。当時盛んだったベトナム戦争反戦運動は、正直、何が目的で、どこへ向かうのか見えませんでした」

 枯れ葉剤をテーマにしたドキュメンタリー映画「花はどこへいった」の監督・坂田雅子さん(59)は話した。

                            監督の坂田雅子さん=6月17日

 最愛なる夫、フォトジャーナリストのグレッグ・デイビス氏(享年54)を2003年春に肝臓がんで亡くした。彼の死は、ベトナム戦争時に浴びた枯れ葉剤が原因ではないか、と友人に示唆され、事実を確かめたい一身で、翌2004年、彼女は映画撮影に踏み切った。

 18歳でベトナム戦争に送られ、南部のロンタン米軍基地に所属していたグレッグ氏。戦争時、基地の周りはゲリラが潜入できないように枯れ葉剤がまかれ、草木がすべて枯らされていたという。

 70年、加害者であると同時に被害者でもある彼は、祖国アメリカを捨て、日本でフォトジャーナリストとして活動を開始。そこで22歳の彼女と出会う。

 「当時、ベトナム戦争に参戦したことや枯れ葉剤を浴びたことは、彼は多くを語ろうとしませんでした」

 ベトナム政府機関の「ベトナムにおける化学戦争の被害調査国内委員会」代表だったレ・カオ・ダイ医師の著書『ベトナム戦争におけるエージェントオレンジ 歴史と影響』によると、米軍は61年から10年間で、ベトナムに約7200万リットルの枯れ葉剤を散布。その中には催奇性や発がん性を持つ猛毒のダイオキシンが少なくとも170キロ含まれていたという。

 現在、2世、3世への影響が指摘され、ベトナムでは100万人以上が後遺症に苦しんでいるといわれている。

 「とても優しくていい人でした。この映画は、グレッグの遺志を継いだようなものです」

f0164224_22373259.jpg 夫グレッグ氏に対する深い愛情と、ベトナムの枯れ葉剤被害者に対する彼女の熱情が交差する映画。作中で語るグレッグ氏の言葉には、ジャーナリズムに対し、疑問を抱きながら真実を見てほしいという強い願いも込められている。



                            子どもたちの標本=2006年2月

■関連リンク
花はどこへいった
[PR]
by yasumu43jp | 2009-04-23 22:40 | 過去記事
昨夜の取材
昨夜、雨が降りしきる中、大阪まで取材に出かけた。

久しぶりの日本での取材。

あまり会いたくない人が中にいるせいもあり、少し憂鬱な気分で。

昼から降りだした雨も憂鬱な気分に背中を後押しした。


ぼくの会いたくない人は、約2年前に行なわれた野宿者の行政代執行に参加していた人。

昨夜、会うことは無かった。

なぜ会いたくないかと言うと、2年間もの間、ぼくは姿を見せなかったから。

確かに忙しかったせいもある。

引越し、ベトナム、結婚など、理由をあげればきりがない。

しかし、それは言い訳にしか過ぎない。

大手のメディアがよくする「やり逃げ」でしかならない。

それがわかっているから、昨夜は憂鬱だった。


昨夜のデモ行進が始まるまでに幾人かと支援者たち、野宿者たちにお会いし、話が出来た。

気になっていた幾人かの野宿者の情報を聞いた。

「Aさんは元気ですか?」
「引越ししてある場所にいるよ」

「Bさんは?」
「ムショから出てきた」

「Cさんはどうしてます?」
「もう縁を切ったよ」

「Dさんは?」
「捕まっちまったよ」

「Eさんは?」
「入院してる・・・」


2年も会わなければ、人間はいろいろな人生を歩く。


その話の後、派遣の仕事をしている野宿支援者の彼(おそらく30代半ば)は、こんなことを話した。

「不景気になり、『派遣切り』が多くなったこのご時世、20代、30代の野宿者もかなり出てきている。年末に、とある大手メディアの記者がテント村に来て、『若いホームレスがどこにいらっしゃるかご存知ないですか?』と聞くんだよ。『お前あほか?』と怒ってやったよ」

「・・・・・・」

「生きるか死ぬかで葛藤している若者探して、『ほれ、こいつがそうだ』と報道する。温かい部屋でテレビ見ている連中に『こいつが若い野宿者です』って報道する。ムカツいたな」

「追い返してやってください。そんな記者」

ぼくはその言葉に怒りを込め、吐いた。

しかし、彼にそれ以上のことを聞くことも出来ず、改めて話をすることも出来ず、その場を辞した。


悲しかった。

同業者の大手の連中がやることを「現場」で聞けば聞くほど、大手メディアを信じられなくなってくる。

東京派遣村(この言葉はぼくは好きじゃない)から少しの光を見出した人たち、頑張りましょう! そして、まだ光を見出せていない人、ゆっくりあせらず腰をすえて生きましょう。応援してます。

なぜなら、ぼくはホームレスをしていた時代があり、戦ってきたから。


-----

以下は昨日の集会、デモ行進の写真。

f0164224_9272586.jpg

[PR]
by yasumu43jp | 2009-01-23 09:28 | 最新記事
昨日のWeb新聞「JanJan」TOP記事(内容)
「エイズ差別や偏見をなくそう 関西の若者たち動く」    村山康文

f0164224_156358.jpg

公開アンケートの「学校でもっと詳しくHIVや性感染症について教えるべきである」に印をつける女子高校生。

 11月29日、大阪市北区にあるイベント・スペース「アート・カクテル」で「レッドリボンフェスタ ~シェイク・ハンズ・ウィズ・・・~」と題したイベントが行なわれた。関西の若者たちが、HIV/AIDSの予防啓発活動を活発化させようと開いた。すでに活動を行なっている団体が、少しでも関心を持つ若者や市民と出会い、つながることを目的としている。

 会場内に出来たメイン・ステージでは、大阪府立松原高校の学生によるエイズを伝える演劇や大学生と「当事者(HIV陽性)」の対談などがあり、多くの来場者は関心を寄せた。また、関西で活動する若者たちによるブース出展や展示の随所に、HIV/AIDSに対する差別や偏見をなくそうとする動きが見られた。

 「レッドリボン(赤いリボン)」とは、ヨーロッパで古くから伝承される風習で、病気や事故で人生をまっとうできなかった人びとへの追悼の気持ちを表したものだ。「あなたがエイズに関して偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しない」という意味合いを持つ。

f0164224_1572085.jpg

HIVを伝える演劇をする大阪府立松原高校「るるく」の学生たち。

 1980年代末にアメリカでエイズが社会問題になった際、音楽や演劇で活躍するアーティストたちもエイズで倒れ、死んでいった。そうした仲間たちに対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人たちへの理解と支援の意思を示すためレッドリボンをシンボルとした運動が始まる。その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展し、国連合同エイズ計画(UNAIDS)のシンボルマークにも採用された。

 12月1日は「世界エイズデー」。世界的レベルでのエイズ蔓延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として、世界保健機関(WHO)が88年に定め、96年にUNAIDSが活動を継承した。

f0164224_1581728.jpg

「HIV検査に行こう!」と啓発活動に力を注ぐ立命館大学国際関係研究科の井上阿紀子さん(23)。(写真中央)「このような場があり、嬉しいです。やりがいがあります」と話す。

 今回、イベントにバンドで参加した森光貞文さん(24)は、「今年初めてのイベント。かしこまったものかと思いましたが、おしゃれで入りやすく、安心して演奏ができ、楽しめました。来年も再来年もこのようなイベントは続いてほしいし、もっと広がって欲しいです」と話した。

 イベントを企画したひとり、関西セクシャルヘルス・ユースネットワークに属し、関西でピア活動を行う大阪人間科学大学のサークルHOPEの代表、上木卓磨さん(21)は、「関西でHIVなどセクシャルヘルスの予防啓発活動をする団体は非常に少ないと感じます。今回、一番驚いたのが、関心を持って来てくれた若者が多かったこと。これからもっと横のつながりを強め、今後もこのような活動を続けたい」と話した。

 2007年末現在、全世界でHIVに感染している人は3,320万人(UNAIDS発表)といわれている。日本は、厚生労働省エイズ動向委員会によると、国内におけるHIV(エイズウイルス)感染者は、累計で1万人を超えたと11月19日に発表。厚労省は、「新規感染のペースが右肩上がりで増えているのは、先進諸国では特に日本が目立っており、啓発が遅れている」と警戒している。

 今の日本の若者たちに必要とされているもののひとつに、HIV/AIDSをはじめとするセクシャルヘルス全般の「正しい知識」が挙げられるのではないだろうか。これは、また、大人たちに課された使命のひとつでもある。

関連サイト:
・API-Net エイズ予防情報ネット
http://api-net.jfap.or.jp/
・HIV検査・相談マップ
http://www.hivkensa.com/index.html
・全国保健所長会>全国保健所一覧
http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html


【JanJan】
http://www.news.janjan.jp/living/0812/0811292500/1.php


-----

8割の人が「自分がHIV感染していても恋人には伝えない」 (RBB Today)
http://www.rbbtoday.com/news/20081201/56111.html

 情報サイト「生活向上WEB」では、“世界エイズデー”に向けた「HIV・エイズに関する意識調査」を行った。HIVに感染したことを恋人には言えない人が8割という驚きの結果が出た。
 
 12月1日は、WHO(世界保健機関)がエイズの蔓延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図る目的で定めた“世界エイズデー”。これに合わせ、クリニカル・トライアルが運営する「生活向上WEB」では、11月21日から25日にかけて18歳以上の男女2,361名に対しアンケート調査を行った。この調査によると、「自分がHIV感染していたら恋人に伝える」と回答したのは全体の21%。さらに、「自分だけは大丈夫」とおよそ8割の人がHIV/エイズ検査すらしたことがないという実態が明らかに。また、「性行為を行う場合はコンドームを装着する/装着させる」としたのは39%、「恋人・パートナーとHIVについて話し合う」と答えたのはわずか14%にとどまった。
 
 厚生労働省のエイズ動向委員会によると、2008年7月~9月に報告があったHIVの新規感染者は294人で、3カ月ベースでは過去最多。HIV感染が増えているのは先進国では日本だけと言われている現状の中、日本人のHIV/エイズに関する意識はまだまだ低く、他人事というような感覚がいまだ強いといえる調査結果となった。この機会に、あなたの大事な家族や愛する恋人・パートナーと、HIV/エイズについて話し合ってみてはいかが?
[PR]
by yasumu43jp | 2008-12-02 02:10 | 最新記事
【再掲】明日から写真展が兵庫県西宮市で開催されます
f0164224_2237963.jpg

[写真展]
「エイズとこどもたち ~ベトナムからのメッセージ~」
●西宮市国際交流協会(兵庫県西宮市)

日程:2008年11月26日(水)~12月1日(月)
時間:10:00~18:00(26日:12:00より 1日:16:00まで)
場所:財団法人西宮市国際交流協会 展示コーナー
住所:西宮市池田町11番1号 フレンテ西宮4F
電話:0798-32-8680
入場料:無料
共催:財団法人西宮市国際交流協会
HP:http://www.nishi.or.jp/homepage/nia/
[PR]
by yasumu43jp | 2008-11-25 22:37 | 写真展・講演会情報
昨日のお昼に関西テレビで放映された模様です
昨日のお昼2時からのニュースで神戸の写真展の案内が流れた模様です。
[PR]
by yasumu43jp | 2008-06-18 00:29 | 最新記事
鳩ぽっぽ
関西テレビの記者から、この前取材をしてくれたニュースが今日11:47から流れるとメールが入り、「やっとか…」と思いつつ、関西圏の友人に連絡をしたが流れませんでした(^_^;)

時間をとって見て下さった方すみませんでした。

おそらくこのまま飛び続ける(放映されないまま終る)と思います。

残念…。

今、次の写真展の段取りと取材のため、大阪は十三に来ています。
公園で妻の手作り弁当を食べながら「関テレはもういいや」と思っていると、沢山の鳩がぼくの側によって来ました。

以外と可愛いやつらです(*^o^*)

鳩による公害なども言われていますが、人間と共存するには歩み寄りが必要だと思います。

人間が絶対なんてないんだろうな…。
[PR]
by yasumu43jp | 2008-06-17 12:41 | 最新記事
妻とひさびさデート
今日は、神戸まで妻とお出かけをしてきました。

本日まで神戸県民会館で行われていたベトナムの枯れ葉剤をテーマにした西村洋一氏の写真展を見に。

名古屋からこの夏に取材班で参加をしてくださる女性と三ノ宮で合流。

ベトナム戦争の惨劇は未だに形を変えて続いています。
これが今日の写真展の感想です。

その後、三ノ宮センター街地下にあるベトナム料理屋へ行き、お昼ご飯を食べ、名古屋から来てくださってた女性も一緒に京都嵐山へ。

美空ひばり館がリニューアルされていました。

どこにでもいるおばさん観光客のように妻は「写真を撮って」と・・・。
おだやかな一日でした。

f0164224_20583128.jpg
今は亡き美空ひばりさんとツーショット。
[PR]
by yasumu43jp | 2008-06-08 20:59 | 最新記事
Dance Dance Dance!!!
昨日、関西学院大学(兵庫県)でダンスサークル「Boogie」の発表会が開かれた。

友人がそのサークルにいたので、神戸の取材がてら遊びに行った。

ぼくにもし子どもがいたら彼らと同年代。

若者たちが踊るダンスに久しぶりに刺激を受けた。

f0164224_1003141.jpg
f0164224_1004299.jpg
f0164224_1005020.jpg

[PR]
by yasumu43jp | 2008-05-25 10:01 | 最新記事
写真選出中・・・
ただいま、今月末から始まる京都山科と来月13日から始まる神戸での写真展の写真を選出しています。

HIVに関しての写真だけに顔出しが難しい。

プライバシーを冒してまでするほどでもないので、人権問題にかからないような写真を選ぶ。
となると、本当に良い(展示したい)写真がどんどんなくなる。

しかし、そこはなんとかしてクリアーしないと。

お近くの方は、ぜひ写真展に遊びに来て下さいね。
[PR]
by yasumu43jp | 2008-05-13 14:58 | 最新記事


【ブログランキング】
一日ワンクリック!
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
CoRichブログランキング


・・・
村山康文の
mixi
Gree
Camera People
Facebook
twitter
以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧